2009年5月10日日曜日

考える間を与えてあげる

お客さんに「考える間」を与えてあげる。

でも営業をしていると、「ちょと考えます」はお客さんのお断り文句だ。

だからまずお客さんになるべく考える間を与えず、

アポを設定するのが得策だと思っていた。

商談でもなるべく良い印象を与えることが重要だと思っていた。

でもお客さんに初めてわかったことは、

「考える間」を与えないと、納得して決断できないし、相手のペースに乗せられて不快だということだ。





「お部屋探しは理想ばかりを言っているだけでは見つからない。家は良い部分も悪い部分もあって、それを総合的に見て決めていくしかない。」

確かに。

営業マンは、良い部分だけを伝えがちだがそれでは納得しない。

いくら安くても、あれそれには裏があるのではないかと疑ってしまう。

これはカクカクシカジカの理由だから安いのです。

と言われれば安心して買える。

大事なことは、「」

愛想はいらない

営業マンに愛想はいらない。

今までお客さんと仲良くなるためには、

元気でちょっとオーバーリアクション気味の奴がいいと思っていた。

でもお客さんになって気づいた。

オーバーリアクションはウザイ。

申し訳なそうな顔で謝れたらとか死ねと思う。

お客さんは事実だけ知りたいの。