2008年3月21日金曜日

自己啓発書さん江

タイトルは、斉藤美奈子『文章読本さん江』のパロディである。したがって本文もいわゆる「自己啓発書」ではありません。自己啓発書と呼ばれる一連の書物じたいに光を当ててみよう-それが本文の趣旨であります。

自己啓発(じこけいはつ)とは、自己をより高い段階へ上昇させようとすることである。より高い能力、より大きい成功、より充実した生き方、より高い人格などの獲得を目指す。(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)


デール・カーネギー『人を動かす』『道は開ける』
スティーブン・R・コヴィー『7つの習慣 成功には原則があった』
船井幸雄『波動で上手に生きる 世の中のしくみ、人生の知恵』
本田 宗一郎『やりたいことをやれ』
松下幸之助 『道をひらく』(PHP研究所、1968年5月) - 450万部を超える大ベストセラー。

自己啓発書に書かれている内容を抽出してみると、

①やる気至上主義
②努力至上主義
③世の中を変えるのは自分

が挙げられる。

自己啓発書は取りこぼしている視点がある。それは「環境」だ。
3分で読めて、3分だけ元気になる。
自己啓発書は商品である。「自己成長したい」という欲望を利用した商売をしている。

1 件のコメント:

Smartphone さんのコメント...

Hello. This post is likeable, and your blog is very interesting, congratulations :-). I will add in my blogroll =). If possible gives a last there on my blog, it is about the Smartphone, I hope you enjoy. The address is http://smartphone-brasil.blogspot.com. A hug.